2016年09月15日

いのとカボチ味の




ともかく私にはいまだカボチャ制覇感や、やりきった感がないので、家には常にカボチャが
4~5個は転がっております。
残り2個とかになると不安になり買いに走る。常に4個はないと落ち着かない。残1個とかに
なろうものなら、もう何をおいてもの優先事項、車飛ばして道の駅回り。
こういう症状を「強迫神経症營養師」というそうで、将来 鬱病になる可能性大なんですと。
わかる気がするわぁ…。
おいしいレシピに出会っても、2回目もおいしくできる訳ではなく、味はカボチャの水分や
甘さに左右される部分が大きい。 これも攻略感が掻き立てられる理由なんだよね。今や、
カボチャを切っただけで水分が多いか甘いか味の想像がつくようになりました。

てなわけで、本日の夕食はカ天然狗糧ボチャサラダャグラタン。息子が「肉食わせろ!!」
と叫んでおりますが、まだまだカボチャ熱病真っ最中、カボチャまみれ生活は続くので
あります…。
暑いですね~っ… たまらん暑さにやる気も失せる毎日です。
とはいえ職場(学校)は夏休みなので、出勤は せねばならなですが生徒は来ないので、
気分はハッピーな毎日です。

夏休みはさすがに残業も中醫抗衰老ないので、時間ができたらしよう、と思っていたことを少しずつ
トライできる期間。まずは念願の「生麩」の手作りにチャレンジしてみました。

生麩は買うと高い。私は粟麩とよもぎ麩が大~好き。あの、口にまとわりつくような
感触、弾力があるのにソフトな歯ごたえ、一回でいいから「もう降参」っていうぐらい
お腹いっぱい食べてみたい。それには自分で作るしかない。何とか作れんもんかと
思ってたら、ありがたいことに何でもネットで出てる昨今。材料もグルテンと塩と水
だけや、なんや、材料費安いやないか。
posted by 清涼な水 at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください